集中できない子が長時間勉強する方法

明日は祝日ですが通常通り授業あります。塾は2時から開いてて、自習もできます。特に受験生は学校も休みなので、2時からどんどん塾に来て勉強してくださいね。

どうやれば長時間勉強できるようになるか

この時期まで来たら、やることはわかっているので、後は勉強時間を増やすだけです。

効率的な勉強や最短で点数を上げる方法など、そういったことに目を向けるのではなく、少しでも勉強時間を長くする事に目を向けてください。


では、なかなか集中できずに長時間勉強できない子が、どうやって長時間勉強していくか。

それは、勉強する場所を変えることです。

家で勉強するのももちろん大切ですが、ずっと家で長時間勉強するというのは不可能です。

だから、例えば土曜日の午前中は家で勉強して、昼からは塾で勉強する、そして夕方まで勉強して授業が終われば帰って家で勉強する。

そういった風に勉強する場所を変えることで、気分転換になりさらに長時間勉強できるようになります。

ずっと同じ場所で集中して勉強するということは誰もできません。

できないということを前提に、どうやればできるようになるかを考え解決方法を探していきましょう。

ただ入試まで時間はありませんので、今日のアドバイス通りに場所を変え気分転換しながら長時間勉強する、これを実行してください。

どうしても勉強するやる気がでないという塾生は、とにかく塾に来てください。

塾に来れば何かしら私たちがアドバイスも出来ますし、勉強するしかないという環境もあります。

また同じような状況の受験生がたくさんいて励みになり、勉強しようとやる気が出ます。

そういった周りが頑張っている環境にいれば自然と自分も頑張れます。

そういった場を提供することが塾の役割でもあります。

ここまで来たら塾を使い倒して最後の一点まで多く取れるように、一緒に頑張っていきましょう。


塾に通っていない人は、学校をうまく利用しましょう。

例えば、放課後残って勉強してもいいし、朝早めに学校に行き勉強してもいいでしょう。

ただ、注意しないといけないのは、友達としゃべってしまい集中できない場合があるということです。

励まし合いながらメリハリつけて勉強できる関係ならいいのですが、学校で勉強するとどうしても友だちとおしゃべりしてしまい集中できないなら、学校で勉強する意味はありません。

友達と話すのは休み時間だけにすると事前に約束する、友達もいない早朝に学校で勉強するなど、集中できるように工夫して勉強するようにしてください。